2019年06月07日

クッシーとその夜

屈斜路湖にはその昔クッシーが出たとか出ないとか。。
2019年5月。プリンスホテルのエントランスに1匹。ホテルロビーには、クッシーぬりえがあり、10数匹。和琴半島の売店では、美しい木彫りのがまた1匹。よく見ると手のひらサイズの小さなものが何匹もいた。
20190609_044110-38cf9.jpg
IMG_20190503_141131-1-1-1-1.jpg
ここの売店は仲よく2店並んで、いなかのいいムード出していた。スプーンとお箸をそれぞれのお店で買ったのだけど包装紙もほっこりするような昔ながらのデザイン。こういうの残していきたいなあ。
20190610_023038.jpg
20190503_161836.jpg
2泊目のディナーの後(この旅では、可能な限り1泊2食付きを選ぶようにした 食事つきって楽~。)ロッジハウスのような宿のレストランを出ると、がさっとした物音と暗闇からカモシカの光る眼が。こんな近くにいたのね。さらに空を見上げるとこぼれんばかりの満天の星空!いやあ、この辺りは夜も素敵でした。あちこち無料の露天風呂があるようだったので、次があればそういう楽しみも。

20190503_095243-1.jpg
写真は昼のしかなかったけど宿のまわり。どおりで鹿の糞がいっぱい落ちてた。


posted by erica kawashima at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年05月29日

Day9 和琴半島

20190503_120408-1.jpg
日にちのカウントがずれてきてる? まだこれから3泊する。。
さておき、宿の食事が少ないと爆発寸前の男子たちを連れて湖畔散策へ。湖畔といったらアイヌ。湖に囲まれて育ったうちの主人の無意識のチョイスで、この旅では湖を目指して目的地を決めた感があった。その結果、水の近くに人は住み着くというシンプルなことがよくわかる。大きな湖にいけば昔からのアイヌの集落があって、博物館等がたてられてる この辺りは弟子屈アイヌ。二風谷、阿寒の人工的観光地感と比べると素朴な雰囲気。温泉があちこち湧き出てるエリアなので、長い冬もしのげて人の暮らしがあったんだろうな。
20190601_070812.jpg
無料の温泉があちこちに。
20190503_103049.jpg
ほどほどにして和琴半島へ
20190601_071459-1.jpg
地図で見て、ちょこっと出てる半島に興味を示し、行こうぜっと言うことで訪れたらここがなんとも美しいところだった
写真は後に美幌峠から

子どもは 石を投げる というシンプルな遊びに開眼。投げまくっていた。
20190601_072555.jpg
空腹では自然も満喫できないので、プリンスホテルでランチブッフェ。贅沢な訳でなくこの辺りはランチの選択肢もない! しっかり食べて半島の山登りへ
20190601_073550.jpg
小一時間で登れるというハイキングコースがあったので思いきって一回りした。子どももケロッと登ってた。ところでゴールデンウィークの北海道、結果的には子どもには冬のジャケットで正解だった。風が強かったり冷たかったりする場面がまだあったので。

posted by erica kawashima at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年05月27日

Day 8 屈斜路湖

やっと最終目的地までたどり着きました  山を越えて峠を行くと濃霧がすごくて、前が見えないようなところを行ったり蛇行がすごかったり、雪道でなかったのだけはよかったけど、なかなかの冒険でした せっかく大変な道走って来たのでやっぱり1週間くらい長ければいいなと思いつつ予定通り過ごす。この辺は宿の選択肢もそんなには多くない。めっちゃ田舎の割には高いし、久しぶりに携帯の電波が届いてないのに気づいたり、なんでこんな所まで来ちゃったかな••と思ってしまうほど。そんな気持ちを吹き飛ばすほど美しかったのが翌日に訪れた屈斜路湖だった。
posted by erica kawashima at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年05月25日

Day8 阿寒湖

阿寒湖は計画段階で泊まりたくても宿が高すぎて手が出なかった。どおりで車停める隙もないほどホテルが並んでて観光地~。といったところ。観光案内所でひと休み。もう少しゆっくり見るべきところだったけどそうすると最終目的地の屈斜路湖までたどり着けない。あ~、10日じゃ全然足りない。3週間くらい休暇があればいいのに。
20190502_144032-1.jpg
湖畔
20190525_073533.jpg
この日の移動ではキツネや鹿などが見られた。後で知るけど今ごろのキツネは夏毛といって抜け落ちる時期らしくやつれたように見えるけどこんなものらしい。
20190502_125110-1.jpg
おっぱい山

旅はまだ続く


posted by erica kawashima at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

Day 7 足寄化石博物館

穂別に続いてここでも化石鑑賞。建物が洒落てる。新しいのかなと聞くと20年は建ってるとか。足寄は色々子どもの遊び場多いので次は2泊だな。と思いつ次の目的地が遠いので後にする。
20190525_071542-3d5f4.jpg
20190525_071327.jpg
posted by erica kawashima at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice