2019年10月16日

セツと家族

勢いあるうちにブログ更新!
東京では全く予期せず意図せずなんと思い出深い母校、セツモードセミナーの前を通る機会に恵まれました 高校卒業してすぐの18才から通いつめ、色んな気持ちで悩んだり、冬だったり暑い夕暮れだったり、走ったり歩いたその道を、ひょっこり3才の息子がよちよち歩いてるのを見るのは、そりゃ天皇陛下も代替わって令和にもなるわ。

20191015_234940.jpg
閉校になったと聞いたのはずいぶん前だけど、時が止まったようにそのままだった。
20191006_163439-1.jpg
とにかくデッサンに夢中だった当時の私が、この坂を未来の夫が赤いランニングで通りすぎるなどと、どうして知り得ただろか

posted by erica kawashima at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年10月14日

名古屋と東京へ

本州は大型台風の連休で、飛行機や新幹線が欠航続きだったようですが、ちょうど先週、3年ぶりに東京に行ってました!
3才児と都会慣れしない外国人連れでどんなに大変だったか!と愚痴りたいほどでしたが飛行機も新幹線も無事動いてたし、連休でもなかったので比較的空いてたし、雨もちょっと降ったくらいで暑すぎるくらいの好天でした。写真撮るゆとりがほぼなかったけど、青山やっと行けました。
20191004_132326.jpg
ミナのカウチに横たわるとおとぎ話にでてきそうな可愛い寝顔。。

ミナで色々目の保養して、スパイラルさんではしっかりご挨拶できてよかった 紀伊國屋(って前からあったかしら? )とNatural House のお洒落食料品店巡りが地味にとても楽しかった。名古屋ではKitsch et Bioがホテルの隣にあったので、高いー!と言いながらもじっくり見た。それでも近くに一人暮らししてたらお刺身の半額とか買って上手にやりくりしてたかなあなんて思い巡らし楽しかった 他にも地元帰って QUEENS ISETAN行った ここは相変わらず高くて買うものなし。向かいのカルディでボーイズたちはなんか買ってた様子。四ツ谷界隈では丸正。地元の成城にある(昔はここにしかなかった)成城石井本店へは行かなかった替わりに、名古屋の金山駅に成城石井ができてたのでちょっと立ち寄った。ま、高くて買うものは無かった。上野ではマルエツ!麦茶などの1L紙パックが安くて嬉しい。馬喰町ではマルマンストア。他には子ども産まれる前後に通った思い出深い西友に再訪。子どもにすっごくよくしてくれた店員さんがまだいた!挨拶できた!ジェイソンというアウトレット商品を激安で売っていたスーパーは八百幸に変わってた。ここはとても使えそう。ボーイズも色々買ってた様子。
そんなこんなでスーパー巡りが地味に熱かった旅でした。他にも色々あったはずなので できれば 続く。

posted by erica kawashima at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年09月23日

栗づくしの日

札幌は大雨の1日でした。出掛けるのもままならないので、とりためておいた栗を剥いて栗ご飯を炊くことに。近所の木から落ちるのを、いつ作れるかなとおもいつ集めていた。下茹ですると鬼皮が剥きやすいそうですが、お湯に1時間浸けて剥きました。さくさくむけたけど、渋皮まで浸透してなかったようでここからが固いー!下茹でした方がいいわけだ。。
20190923_231333.jpg
渋皮は残ってても食べる際、気にならなかったのでムキになって剥かなくても良かったかと。炊飯器が小さいのと炊き込みご飯は具を入れすぎるとうまく炊けないこともあるので、一気に食したい気持ちを抑え、下ごしらえしたものを少し冷凍して残りは相棒、象印へ!
20190923_223538.jpg
炊けた~。
栗。絵は描いた覚えはあるけど、炊いた記憶がない。実家では母がよく作ってくれた。薄味だから塩昆布が合うことを知ってて、ちゃんと予め買っておいたくらいだから作ったことあったのかな。うまくできた。美味しかった。夫も子も喜んでくれて良かった。子どもはpotato~! と言っていた。《くり》 だよ!もう数回食べないと覚えんだろうな。
荒い麻の小さな手提げが、栗の収穫袋としてちょうど良かった

夜は勢いに乗って、いがぐりの2版目刷り終えた ちょっとスケッチもできたし栗づいてた日だった~。
20190923_230253.jpg

20190923_120123.jpg
雨のおかげか、1円もお金を使わない休日だった。栗も自然の恵みでタダだし。めっちゃ手間隙かかったけど、充実感。達成感がすごい!


posted by erica kawashima at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年09月19日

夏のおもいで day 1 2

今年の札幌の夏は暑くて良かった~。  やっと涼しくなってきたので振り返ります。お盆は道内湖めぐり。行きに寄ったソフトクリーム屋さん。美味しかったのに場所も名も思い出せない。
20190919_012822.jpg 
隣の牧場みたいなので、輪切りニンジンをアルパカ、ヤギ、ダチョウ、ウマ、ウサギなどにあげれるのがあって子どもは楽しいよね、そういうの。
途中で寄ったなんてことない道の駅のそばが美味しかった。
遠からずニセコに到着。宿はせまい部屋だったけど1泊2食付きが楽だった~。テレビもなかったけど、私は平気。子どもはスキー場の近くの宿にありがちなジェンガとか組み立ててるおもちゃを見つけ遊んでた
翌日は半月湖へ。三日月のようなシェイプ見えますか。途中で地震の爪跡か、すごい崖になっておりこれ以上は進めなかった。ハイキング楽しめるかと思いきやあっさりきびすを返す。
20190813_103507.jpg
え 続く
 (day7まで書ければ書きたい)


posted by erica kawashima at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年08月31日

リリートレイン、ついに乗る

20190825_151817.jpg
最近、背も伸びて、赤ちゃんから少年になってきました
昨年は見るだけだった百合が原公園にあるリリートレイン。今年は、ついに乗りました~。
20190831_212826.jpg
おじさんの、の~んびりした園内にある花や植物の生解説がついており、私はさすが植物園だねえと喜ぶ反面、ボーイズはぐったり。。回収された廃油で走ってるのもうなづけるスローな走りで園内1周11分370円でした。安いのか高いのか。ともあれずっと走り続けてほしいなあ。
20190825_154653-1.jpg
その後、大きな虹が出た。見えますか?

posted by erica kawashima at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年08月19日

ウポポイ 2020年4月オープン

20190819_220435.jpg
旅の最後に、白老のポロト湖に寄りました
湖畔に日本初の国立アイヌ博物館が建設中ということで道庁ではオープンまで後何日とカウントするなど宣伝に力を入れてる割りには知名度がいまいちなんだそうです。今日読んだ北海道ニュースに書いてあった。こういうのできると森林伐採などあるのでどうかなと冷めた感じで立ち寄って来たけど、その湖のなんと美しい事。ポーランド来たかと見間違うような所。熊避けの鈴つけたおばさんたちが歩いてると思ったら2日前に熊が出たばかりということで通行止めになってる道もあったり。何より心休まったのは、大建設にも負けず地元の男の子たちが真っ黒に日焼けして虫網持って何やら捕まえようとしてる様子を見れたこと。アイヌの心は狩猟民族ていうとこにあると思うので、こういう子たち見ると、たくましく受け継がれてるような気がする。
posted by erica kawashima at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年08月17日

夏休み

20190817_130207.jpg
レンタカー借りてぶらぶらしております。
20190814_115225.jpg
posted by erica kawashima at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年08月04日

夏の昼下がり

20190803_161526-1.jpg
家の前に放っておいても、意外とひとりで遊んでる事に気づいた。これは引っ越したおかげのひとつ。通りから入った奥まった所なので、そんなに危なくない。しかし朝から出掛けてこちらはくたくたなのに、まだ外で遊べるし、スーパー行こうよー。というまあ元気なこと。
posted by erica kawashima at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年07月23日

水鉄砲

20190713_144556.jpg
札幌は夏らしい天気が続いており爽やかです 夜は肌寒くなるので、東京の灼熱とは違い、それが嬉しいような、少し懐かしいような。
うちではおもちゃ買ってあげたりってのは主にパパで、気が利かない自分ですが、今回は水鉄砲とかあったら買ってあげたいなと、私が、選んだ! 遠出しない近場で過ごす休日が十分楽しい。

ロンブー亮くんの会見、ちょっとしか見てないけど、淳の言う通りほんと正直者が帰ってきた。嘘つけない質のいい奴なんだなあ。その人柄が人を笑わせたりなごませたりしてきたんだろうなって思った。《何でも最後は人柄》と文化服装学院作った千枝さんが言っていたと思うけど、それがにじみでてた。あと最近胸打たれたのはイギリスのメイ首相の引退演説もあった。あと昨日の選挙のタレント?候補者の多さにも驚いた。

話がとんだが、ご近所さんがお野菜くれたり花火やってるとこ輪に入れてくれたり、ますます地域に馴染んできた頃です

posted by erica kawashima at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年07月12日

大野池

6月21日に撮った時は、ほんの ひよこ。 よちよち歩きだったのが、今週は親鳥と見分けがつかないほどになっていた。近くで見るとなんとまあ、きれいなお顔をしてること。なんとかスケッチ重ねて昨年は年賀状時期のポストカードの新作にするつもりが完成には至らなかった。。
20190713_080017.jpg
posted by erica kawashima at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年07月07日

10連休その後

札幌は、5月中旬に記録的な猛暑を記録して以来、またいつもの涼しく緑の美しい日々です。長い旅行の後に自宅に帰った時きれいに整頓された部屋を見るのが好きで、旅行前から部屋を片付けてきて旅行中も手放せる物は手放してきた。子どもの穴のあいた古い靴下などは、1日はいたらおむつにくるんで捨ててしまう。旅の後の洗濯の山もそんなに多くなく日常に戻れる。そんな心がけで大自然を満喫して自宅に帰ってきた時、愕然とした事は、部屋がすっきりしてるとかそういう前向きなことでなく、こんな緑のない車通りの多い込み合った所に住んでいるの!?という事でした。薄々気づいていたけど目をつむって向き合おうとしていなかったこと。2軒先は空き家で季節がめぐる度、違う花が咲いて見るのが楽しみだったのに、今はバレエ教室が建ってお迎えの車が道を占拠する。しかもガソリンふかしたまま何台も並ぶ。逆隣2軒ももみじの木のある空き家とのんびりした駐車場だったのが今はマンション。家の目の前の長らく空いてた駐車場には車が停まるようになった。もうこんな息苦しいとこ住めない!ということで、札幌市内の緑の多いエリアに引っ越しました。でも、懐かしく思う事もある。白石区の良かった事。私達が札幌に引っ越してきた月に、駅直結の区役所含む複合庁舎ができたこと。これは便利だった。真新しい本ばかりを揃えた絵本図書館や保育園併設の赤ちゃんの遊び場があってよく行った。トイレや給湯器も新しくて清潔。清掃もきちんとした方がまめに入ってる様子だった。隣の新しいビルにダイソーとサイゼリアがあってそういうのも子連れには便利だった。サイゼリアはキッズにはドリンクバーフリーサービス!またお水はセルフサービスなのもいい。冷たい水を出される代わりに私はお湯をもらうことにしてる。ちなみに大戸屋はキッズフリードリンクを途中でやめ100円に値上げした上に、逐一監視してくる上に、何かにつけて口出してくるので結論としては、子連れには優しくないのかもしれない。行かなくなってきたものなあ。話を戻す。他にも小児科が徒歩数分のところにあったので予防接種の多い0歳の時は便利。熱をやたら出す1歳の時も。新しいサツドラも近かった。おむつや粉ミルクなど全部買える。しかも他の北海道大手ドラッグストア、ツルハもあった上に新しくできた。ここは休憩スペースが広くて買ったアイスをそこで買ってひと休みして帰るなんてこともできた。
児童館も近かった。赤ちゃん期を過ごすのは良いところだったなあと思う。今は走り回るので、緑が多いとかそういう事のが重要でライフステージに合わせて住み替えるみたいな器用な事を自分がしている事にやや驚くも無事引っ越しを終え、地域にも慣れてきた今日この頃でした。

posted by erica kawashima at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年06月26日

Siesta labo と シャツ展

吉祥寺コロモチャヤの美香さん、ついに札幌へ。相変わらずお忙しそうで、ちょっとしか会えなかったけど空港方面まで送ってあげれて少し話せた~。シャツ展の方は、広報をしっかりしているようで、お客さんがたえまなくいらしてた。美香さんの事じっくり育てくぞっというお店の気概が見えました。私もゆとりあればほしいけど今はあるのを大事に着る。7月1日まで
20190619_174401-1.jpg

posted by erica kawashima at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年06月19日

電動バギー2年目

GWの締めをもう書いてあるのに更新できずにいる。終わらせたくないらしい。。
こちらも梅雨に似たどんよりした天気ですが5月の数日は猛暑があった。今年もJRAで電動バギーに乗る。
20190525_135655-2.jpg
20190525_135422-1.jpg
めっちゃ日焼けしたー。
20190619_045632.jpg
昨年との身長比較はこちらから

posted by erica kawashima at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Notice

2019年06月17日

Day 10 トマム

20190506_110834-1-6774e.jpg
最後の宿泊地はトマム。中国人に大人気という星野リゾート。GW最終日だけは、手が届く値段でぽっと空きがあったのと、帰り道だったのと、最後くらいはまともな宿に泊まらせろ~という声もあり、抵抗と期待が交錯しつつも、ザ•リゾートホテル へ。ともあれめっちゃ混んでた。どこものんびりのどかな旅だったので、こういう所に人は集まってたのか~ と。ウェルカムドリンクがあったり、焚き火、フルートライブコンサート、花火、おしゃれな教会見学など、飽きない工夫に感心しきり。花火はこじんまりしてたけど部屋から気軽に行けるのがいいし、家族3人でくっついてこんなに近くで見れるなんて幸せだな~としみじみ思ってしまった。 翌日はこの旅ではなかったベタな朝食バイキングスタイルがとても良かった。(ちなみに夕飯は買っておいた軽食を部屋ですませた。 部屋はたまたま安く泊まれる機会に恵まれたけど、自家用車で来て割高なレストランで夕食も食べれる人達っていうのはお金持ちで、やっぱりうちらは違うよねと夫婦で話した。)
20190629_075105-ba651.jpg
そして、敷地内に牧場があるー。ヤギ 馬 羊 牛! 子どもはそりゃ嬉しいし、部屋から近いからとても楽。すごいわ。これがリゾートホテルかと思った。基本的にリゾート開発って自然破壊して作るようなマイナスイメージが自分の中にあったけど、子どもを持ってみて、家族で余暇を楽しむ施設っていうのは絶対に必要なものだとわかるようになった。それが自然に優しい形ならもちろんいいけど、そうすると高すぎたり小規模すぎたり。。学校で団体で利用する研修施設のようなものも必要だし、リゾートもあってしかるべきなんだと前向きな考えになった。しかしこのブログを通して旅行中感じた色んな事をかきだすと止まらなくて、どうも旅行記というより哲学記に近くなった 私の中でいい映画は哲学できるという格言がある いい映画を見てると、何か名案や名句が浮かんだり、長年の謎がふととけたり、思考が進むことがある。そういう感覚でいうと、いい旅だった。アイヌの歴史や北海道の地方の様子が少しずつわかって、比較検討したり楽しかった。
帰り道はまたドライブ。いきなり長距離走らせてしまったけど慣れない右ハンドルの割りには名ドライバーで、私はのんびりしてればよかったので感謝でした。とても楽しかったのでまたドライブ旅行しようということになった。皆さんにも北海道でレンタカー旅行おすすめですー!


長文お読みいただきありがとうございました

20190506_142450.jpg
posted by erica kawashima at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年06月07日

Day 9 旅も折り返し

同じ道帰るのもつまらんからと遠回りになるけど美幌峠へ。湖が一望できてきれいだった~。子どもはおもちゃのピストルが楽しいらしかった~。
これからはひたすら帯広方面へ。この辺りには最近結婚した高校の同級生が住んでいる。ご主人が六花亭で写真展をされてたので会場で待ち合わせ。
20190610_025512.jpg
札幌ですっかり行きつけになってるJICAが帯広にもあり、ランチはそこで。札幌より緑が多い。ゆったりした敷地。いいなあ。
20190505_130141.jpg
ちなみに帯広で泊まった宿は、旅中一番ではというほど夕食も朝食もとっても美味しかったし目にもきれいだった。私は毎日食べに行ってもいいくらい。しかし、小さな宿で他の宿泊者の音がうるさいし、最悪。とまたもや爆発寸前のボーイズ。。なかなか家族3人まとめるのは難しいけれど、そんなのも久々友達に愚痴って、なんだかすっきりして、さあまだ少し続きます

posted by erica kawashima at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

クッシーとその夜

屈斜路湖にはその昔クッシーが出たとか出ないとか。。
2019年5月。プリンスホテルのエントランスに1匹。ホテルロビーには、クッシーぬりえがあり、10数匹。和琴半島の売店では、美しい木彫りのがまた1匹。よく見ると手のひらサイズの小さなものが何匹もいた。
20190609_044110-38cf9.jpg
IMG_20190503_141131-1-1-1-1.jpg
ここの売店は仲よく2店並んで、いなかのいいムード出していた。スプーンとお箸をそれぞれのお店で買ったのだけど包装紙もほっこりするような昔ながらのデザイン。こういうの残していきたいなあ。
20190610_023038.jpg
20190503_161836.jpg
2泊目のディナーの後(この旅では、可能な限り1泊2食付きを選ぶようにした 食事つきって楽~。)ロッジハウスのような宿のレストランを出ると、がさっとした物音と暗闇からカモシカの光る眼が。こんな近くにいたのね。さらに空を見上げるとこぼれんばかりの満天の星空!いやあ、この辺りは夜も素敵でした。あちこち無料の露天風呂があるようだったので、次があればそういう楽しみも。

20190503_095243-1.jpg
写真は昼のしかなかったけど宿のまわり。どおりで鹿の糞がいっぱい落ちてた。


posted by erica kawashima at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年05月29日

Day9 和琴半島

20190503_120408-1.jpg
日にちのカウントがずれてきてる? まだこれから3泊する。。
さておき、宿の食事が少ないと爆発寸前の男子たちを連れて湖畔散策へ。湖畔といったらアイヌ。湖に囲まれて育ったうちの主人の無意識のチョイスで、この旅では湖を目指して目的地を決めた感があった。その結果、水の近くに人は住み着くというシンプルなことがよくわかる。大きな湖にいけば昔からのアイヌの集落があって、博物館等がたてられてる この辺りは弟子屈アイヌ。二風谷、阿寒の人工的観光地感と比べると素朴な雰囲気。温泉があちこち湧き出てるエリアなので、長い冬もしのげて人の暮らしがあったんだろうな。
20190601_070812.jpg
無料の温泉があちこちに。
20190503_103049.jpg
ほどほどにして和琴半島へ
20190601_071459-1.jpg
地図で見て、ちょこっと出てる半島に興味を示し、行こうぜっと言うことで訪れたらここがなんとも美しいところだった
写真は後に美幌峠から

子どもは 石を投げる というシンプルな遊びに開眼。投げまくっていた。
20190601_072555.jpg
空腹では自然も満喫できないので、プリンスホテルでランチブッフェ。贅沢な訳でなくこの辺りはランチの選択肢もない! しっかり食べて半島の山登りへ
20190601_073550.jpg
小一時間で登れるというハイキングコースがあったので思いきって一回りした。子どももケロッと登ってた。ところでゴールデンウィークの北海道、結果的には子どもには冬のジャケットで正解だった。風が強かったり冷たかったりする場面がまだあったので。

posted by erica kawashima at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年05月27日

Day 8 屈斜路湖

やっと最終目的地までたどり着きました  山を越えて峠を行くと濃霧がすごくて、前が見えないようなところを行ったり蛇行がすごかったり、雪道でなかったのだけはよかったけど、なかなかの冒険でした せっかく大変な道走って来たのでやっぱり1週間くらい長ければいいなと思いつつ予定通り過ごす。この辺は宿の選択肢もそんなには多くない。めっちゃ田舎の割には高いし、久しぶりに携帯の電波が届いてないのに気づいたり、なんでこんな所まで来ちゃったかな••と思ってしまうほど。そんな気持ちを吹き飛ばすほど美しかったのが翌日に訪れた屈斜路湖だった。
posted by erica kawashima at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年05月25日

Day8 阿寒湖

阿寒湖は計画段階で泊まりたくても宿が高すぎて手が出なかった。どおりで車停める隙もないほどホテルが並んでて観光地~。といったところ。観光案内所でひと休み。もう少しゆっくり見るべきところだったけどそうすると最終目的地の屈斜路湖までたどり着けない。あ~、10日じゃ全然足りない。3週間くらい休暇があればいいのに。
20190502_144032-1.jpg
湖畔
20190525_073533.jpg
この日の移動ではキツネや鹿などが見られた。後で知るけど今ごろのキツネは夏毛といって抜け落ちる時期らしくやつれたように見えるけどこんなものらしい。
20190502_125110-1.jpg
おっぱい山

旅はまだ続く


posted by erica kawashima at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

Day 7 足寄化石博物館

穂別に続いてここでも化石鑑賞。建物が洒落てる。新しいのかなと聞くと20年は建ってるとか。足寄は色々子どもの遊び場多いので次は2泊だな。と思いつ次の目的地が遠いので後にする。
20190525_071542-3d5f4.jpg
20190525_071327.jpg
posted by erica kawashima at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice