2020年01月08日

旅と食事

IMG_20191230_141821-1.jpg
昨年は家族で旅行する機会が多くて楽しかった〜 
散財してしまったけど、12月になると何かを察したように、子どもは毎日のように
Lets go airport, mama! ってねだられて予定してなかったら、かわすの大変だったかな〜と思う

さて、旅行する際に多少高くても必ずホテルの朝食をつけるのが我が家流です
ランチ用に少しタッパーに入れておくのも。これはうちだけですか?
子どもの胃袋って小さくて、小一時間後には FOOOOOD!って叫びだします
それで、またコンビニのようなものを探して買って与えてたら、何も進まないので
朝食の時にスナックを取り分けておいて与えると全てが円満◎
ほとんどゴミもでないし。
しかし、ゴミを出さずに食事するのが難しい時代です
新千歳空港で食事することになり、フードコートへ 
フレッシュネスバーガーで油断してたら子どものリンゴジュースは
使い捨てのプラスチックカップと蓋にストローささってきた。せめて紙コップにしてくれ〜
主人の頼んだマンゴーラッシーも同様。しかももう1杯買ってきてと頼まれた。
お金の問題じゃない マンゴーラッシーは私も飲みたい 
でもこのプラスチックを消費したくないだけなの! 
お店に頼み込んで、ビールジョッキならあるということでマンゴーラッシーをそれに注いでもらった
◎とても美味しかった〜◎

ひとりZEROWASTE運動は、台湾でも大奮闘で、ホテルでのんびり食べたいので、
豆花やおかずをテイクアウト用にタッパーに入れてもらったり。
魚のつみれスープはそのタッパーじゃ小さいよ〜 と言われ、紙の持ち帰り容器に入れてもらう事にしたが
蓋も、お箸もスプーンも袋を拒否し、なんとか最小限に努めたり。

ある日の晩ごはん
20200110_230707.jpg
スプーンもお箸も持参したもの。家族でやってるような名もないような店の料理こそが美味しくて、
注文するだけでもおぼつかないところ、何とか色々言って、一品だけはタッパーに入れてもらえた
このご飯気づいたら、ほとんど子どもに食べられてた!

そんな反面、主人は台湾のセブンイレブンはレベル高いという事で
結構プラスチック容器にはいった食事を堪能していた
足して2で割るべきか 相反する2人。。。

お箸、スプーン、ナイフもどきは常に携帯してるので、それはもうあちこちで活躍しました
ところが、うちの子はラーメン屋とかにある割り箸いっぱいはいってる壺を目の前にすると絶対遊びたい人。
割り箸3、4本とっては遊ぶし割るし、つまようじもひっくり返して遊ぶ
1本も消費すまいとしてマイ箸持ち歩いてる母の目の前で無駄に消費するなよ〜
でも、オーダーしたものが遅い事も多く、遊んでると静かなのでねえ〜
これも足して2で割るべきなのか。。。

ひとりZEROWASTE運動は続く
IMG_20191230_192946.jpg
子どもが握ってる黄色のスプーンはキウイについてたスプーン 片方ナイフのようになってて意外とリンゴとか切れた LCCでの預け荷物無しの旅だと刃物持って来れないけど、これのおかげでなんとかなった 朝食のときのナイフで切ったりと重宝
旅先でもフルーツはいつも食べたいので
20200101_203707.jpg
見たことないのはTaiwan Wax Apple。八百屋のおじさんが英語が話せたので、色々疑問に思ってる事を聞けて、ためしに買ってみた 水分たっぷりのりんご?みたいなので、そんなに甘くない 赤い洋梨が交ざってるけど、どれかわかりますか ソーセージは味つけがちょっと甘い台湾風で、パッケージもムードがあった



posted by erica kawashima at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187012354

この記事へのトラックバック