2019年12月05日

ZERO WASTE

ZERO WASTE
文字通り、ゴミや無駄をゼロに という事だと思うんだけど最近ユーチューブでよく聞くようになって、そう、それそれ!って共感するというか 自分の環境に対するスタンスで一番近い表現です。

ずっとそれを心がけて過ごしてきて、価値観の異なる自分と別の人格と暮らすようになり、協力して子育てするなかで、忘れかけていたけど、私が一番落ち着くのはZERO WASTEで過ごしてるとき。記念日にはなにもいらない。地球環境にインパクトの少ない暮らしがしたいだけ。
今、特にプラスチックが敵。みたいになってると感じる。日本は大分前からプラスチックの分別回収をしてるので、いくらかリサイクルされてるのかしら。埋め立て地や海には流れてないと信じたい。数年前、東京の廃棄物焼却炉を見学に行った時、プラスチックも全て燃やしていたようだし、空気もそんなに汚れないようなことを聞いた。(専門家でないので責任は持てないけれど)そういうことでプラスチックだけを敵って感覚はないけど、どんなものでも1回だけ使って捨てる。っていうのには抵抗があって、それならなるべくはじめから購入を控えたい。

ポストカードの小売販売をするようになってから、プラスチックで個包装をしており、心がけに反して、プラスチックを生産消費する側にたっている それを私は強く自覚しており、ひとりで暮らしている頃は、なるべく包装は断ってきたし、分別回収して、生ごみはほとんどを家の前の庭に埋めていた 
(これは、色んな意味ですごく有意義だと思う。少しでも試す人が増えてくれるといいと思う。少し掘ってその中に生ごみを入れて、掘った分だけ土をかぶせるだけ。引っ越した先では、ちょっと駅に近いだけで、その土が見えるような庭がないことに驚いたけど、それでもなんとか続けてたなあ スコットランドでは結構郊外に住んでたので家の裏にコンポスト用の囲いがあったので、生ゴミをそこに捨てていた)
それが、子どもが産まれてからは、なかなか思うようにいかなかった。
まず、紙おむつの消費量の早さと量に驚愕。
布おむつも考えたけど、保育園で見た真っ白に漂白された布おむつを見て、一体全体どれだけの漂白剤をつかって洗浄してるのか??しかも乾かしてアイロンかかってるようだった そのエネルギーの消費量を思うと、果たしてエコか?と。
また、何度試しても何度も失敗して、ズボンやロンパースを全部着替えさせることに。一日に何度かあると、すごい洗濯物の量になるわけでそれってエコか? 紙おむつ、ある程度使ってもいいのではないか?
そもそも負担の多くある子育てを、なるべく文明の利器を使って、賢く乗り越える事の方が重要だった
エコや環境に負担をかけない暮らしは後回しになっていった
でも、今そこそこゆとりができてきた今、もっと環境に負担のない暮らしがしたい!
ここ札幌はもう氷点下の日々。ここで暖房ケチると、風邪ひいたり、冷えて顔色悪くなる。そっちのほうがよっぽど無駄だったりする。バランスよく続けたい。なにするのも、いつもどっちがWASTEかなって考えてる気がする。
そんななか結婚記念日がありました
花1本でもあればいいから何も買わないで。というZERO WASTEな要望を取り違えたうちの主人。
買って来たのは
バラ1本と、かすみ草。プラスチックラッピング(あの透明なフィルムです 一体何に再利用すれば??プラス色紙)、にプラスチックリボン。
ありがとう。(ラッピングが嫌なの。何も買わないでとはっきり言うべきだった)
同じ650円なら、竹の柄でできてるハブラシが欲しかった〜!と嘆いたので
買えばいいじゃんということで買った。これでハブラシ1本分のプラスチックを消費しなくて済む。(YES!)
帰り道、まいばすけっとでコカコーラ500ミリリットルのペットボトルを買う夫。さすがに袋はもらわなかったようだけど、そのペットボトルのプラスチック消費量ってハブラシ1本分程度では?
(私の環境に対する日常負担)マイナス(ハブラシ1本分のプラスチック)プラス(竹のハブラシ1本税込693円は結構高い)プラス(500mlのペットボトル)
イコール プラスかマイナスだったのか。。。

なかなか難しいけど、これからも孤軍奮闘したいと思います
ということで、ZERO WASTEは遠いけど、すこしずつLOW WASTEになるよう過ごしたいと思います
これからもよろしくお願い致します
20191206_230232.jpg
posted by erica kawashima at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186885317

この記事へのトラックバック