2019年08月19日

ウポポイ 2020年4月オープン

20190819_220435.jpg
旅の最後に、白老のポロト湖に寄りました
湖畔に日本初の国立アイヌ博物館が建設中ということで道庁ではオープンまで後何日とカウントするなど宣伝に力を入れてる割りには知名度がいまいちなんだそうです。今日読んだ北海道ニュースに書いてあった。こういうのできると森林伐採などあるのでどうかなと冷めた感じで立ち寄って来たけど、その湖のなんと美しい事。ポーランド来たかと見間違うような所。熊避けの鈴つけたおばさんたちが歩いてると思ったら2日前に熊が出たばかりということで通行止めになってる道もあったり。何より心休まったのは、大建設にも負けず地元の男の子たちが真っ黒に日焼けして虫網持って何やら捕まえようとしてる様子を見れたこと。アイヌの心は狩猟民族ていうとこにあると思うので、こういう子たち見ると、たくましく受け継がれてるような気がする。
posted by erica kawashima at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186444119

この記事へのトラックバック