2019年06月17日

Day 10 トマム

20190506_110834-1-6774e.jpg
最後の宿泊地はトマム。中国人に大人気という星野リゾート。GW最終日だけは、手が届く値段でぽっと空きがあったのと、帰り道だったのと、最後くらいはまともな宿に泊まらせろ~という声もあり、抵抗と期待が交錯しつつも、ザ•リゾートホテル へ。ともあれめっちゃ混んでた。どこものんびりのどかな旅だったので、こういう所に人は集まってたのか~ と。ウェルカムドリンクがあったり、焚き火、フルートライブコンサート、花火、おしゃれな教会見学など、飽きない工夫に感心しきり。花火はこじんまりしてたけど部屋から気軽に行けるのがいいし、家族3人でくっついてこんなに近くで見れるなんて幸せだな~としみじみ思ってしまった。 翌日はこの旅ではなかったベタな朝食バイキングスタイルがとても良かった。(ちなみに夕飯は買っておいた軽食を部屋ですませた。 部屋はたまたま安く泊まれる機会に恵まれたけど、自家用車で来て割高なレストランで夕食も食べれる人達っていうのはお金持ちで、やっぱりうちらは違うよねと夫婦で話した。)
20190629_075105-ba651.jpg
そして、敷地内に牧場があるー。ヤギ 馬 羊 牛! 子どもはそりゃ嬉しいし、部屋から近いからとても楽。すごいわ。これがリゾートホテルかと思った。基本的にリゾート開発って自然破壊して作るようなマイナスイメージが自分の中にあったけど、子どもを持ってみて、家族で余暇を楽しむ施設っていうのは絶対に必要なものだとわかるようになった。それが自然に優しい形ならもちろんいいけど、そうすると高すぎたり小規模すぎたり。。学校で団体で利用する研修施設のようなものも必要だし、リゾートもあってしかるべきなんだと前向きな考えになった。しかしこのブログを通して旅行中感じた色んな事をかきだすと止まらなくて、どうも旅行記というより哲学記に近くなった 私の中でいい映画は哲学できるという格言がある いい映画を見てると、何か名案や名句が浮かんだり、長年の謎がふととけたり、思考が進むことがある。そういう感覚でいうと、いい旅だった。アイヌの歴史や北海道の地方の様子が少しずつわかって、比較検討したり楽しかった。
帰り道はまたドライブ。いきなり長距離走らせてしまったけど慣れない右ハンドルの割りには名ドライバーで、私はのんびりしてればよかったので感謝でした。とても楽しかったのでまたドライブ旅行しようということになった。皆さんにも北海道でレンタカー旅行おすすめですー!


長文お読みいただきありがとうございました

20190506_142450.jpg
posted by erica kawashima at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186153345

この記事へのトラックバック