2016年08月26日

新生児期をふりかえる

まだ産まれたばかりと思っていたら、
新生児期と呼ぶのは生後28日までということで、
どうして誰も教えてくれなかったんだろう?知らなかった。
という事いくつかあったので、振り返ります

入院生活が長めだったので、生後10日で帰宅。
初日に粉ミルクを買いに走りました。
ベビー用品よりペットコーナーの方が広かったりする昨今の日本
粉ミルクと哺乳瓶の類はあらかじめ買っておくべきでしょう
『母乳で育てなくては』という私も持ってた根強い考え。
少し崩れました。
覚書1:粉ミルクはうちの隣に売ってるわけではない

おむつ。初めは売場で立ちつくしました。
どれを買えばいいのがわからなかった。ただ本当にわからなかった。
ベビー布団のおさがりを届けてくれた友人の母に救われました
覚書2:新生児って書いてあるの買えばいいのよ

哺乳瓶から、ミルクがもれ始めたのは3週間を過ぎた頃だった
国産ピジョンのボトルに欠陥があるわけがないと使い続けていたが
ある日、これおかしいだろ!とまたしても買いに走る
どうやらちくびの通気孔が広がっていたもよう
覚書3:ちくびは消耗品。

ほかに、市区町村や病院で配られる準備リストに載っていなかったようだけど
必需品だと思ったのは、こども用つめきり。すぐのびる。
おしゃぶり。これは、主人の母国では産院でもらえるほどの必須アイテムだそうです
あと、防水シーツは、ほぼ毎日おしっこひっかけられてるので、あるべきでしょう

最後に、私も嬉しくて舞い上がって買いました
50サイズと60サイズのベビー服。でも、初めの2週間か4週間でもう着れなくなったし、
大きすぎるよ、このベビーバス。って思ってたのも一瞬で、今はちょうどいい。
とにかくあっという間に大きくなるものなんだな。と実感しています。

右回りに生後20日、35日、45日頃。
同じ服を着ている同じ人と思えない・・

20160826_163728.jpg

posted by erica kawashima at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176574274

この記事へのトラックバック