2020年12月31日

大晦日に物思う

20201231_231130.jpg
昨年末は奮発して台北へ行った我が家。今年は、インターネットでお手頃な価格のホテルを比較検討して、予約。札幌市内(しかも徒歩圏内)で紅白見たりのんびり過ごしています。しかし、餅つきもおせちもなし。かといってクリスマスツリーがあるわけでなし、ポーランド人と結婚したばかりに薄まっていく自国の文化。私自身は母のおせち作りの手伝いもしてたので、味も覚えてるし作ろうと思えば作れるだけのものは受け継いでいるけどうちの代で途絶えるのかなという。。。薄まるどころか急速に消えていく文化について、思いをはせずにはいられません。いや、おせち作れだの大掃除しろだの言われず楽させてもらえてありがたいといえばそうですけど。何とかして年越しそばだけでもと思いコンビニ行くつもりでいたところ宿で振る舞いそばがでるとのこと!歓喜!無料なので期待してなかったのに、鶏肉と長ネギの炙ったのが入っておりとても気の利いたものだった。ボーイズは長ネギを残したため、一年分の長ネギ食べた。こんなに長ネギ食べたことないってくらいの量。甘くて美味しかった。子供の頃は大嫌いで唯一食べられないものだったのに、大人になったものだ。
紅白はたまにしかテレビを見ないこともあり、かぶりつくように見ちゃいますが毎年ながら、その年の流行や活躍が如実に反映されてる事にしみじみ全肯定の思いで見てしまう。子どもとポーランド人とチャンネル争いしながらもクライマックスはしかと見届けたと思う。

ああ後数分で2020が終わるけれど、個人的には成長し続ける社会の在り方に疫病が水をかけたような形、全員を立ち止まらせる事になったのは必然だったというか。災難だったとも言い切れない年だったと思う。ついに立ち止まれたのは良かったと思う気持ちもある。

地位や名誉のある立派な人間になりたい気持ちと、せめてなる努力をし続けないといけない気持ちが半分。もう半分は、環境や家族に負荷をかけず、スローに生きたいというもの。どっちつかずだからダメなんだろうなあ。

とここまでが大晦日。

元日のホテルの朝食は、おせち(黒豆、卵焼き、なます、数の子など定番押さえた内容)にお雑煮までついていて大満足の内容だった。テレビでは、たまたま初日の出を(人生初?かな)中継で見れて、ダイアモンド富士、美しかった
ちなみに札幌はもう少し明るかったので、緯度の違いを感じました

マイナス10度の中、雪の中帰って、真っ先にしたのは母にお年玉のお礼などの電話。

明けましておめでとうございます。
(やっと日本語でこれ言えたわー)

20201231_231346.jpg
孫悟空?
このあと懐中電灯握りしめたまま眠りについてた

ちなみにお雑煮もボーイズは召し上がらなかったので私が3杯いただきました
家族揃って過ごすいい正月だったのかもしれな

本年もよろしくお願いします

posted by erica kawashima at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2020年12月27日

Merry Christmas

今年もマイペースで過ごす冬のホリデイシーズン。達成感があったのは子どもの丈が短くなったタンクトップと長袖シャツ2つをリメイクして丈の長いタンクトップに仕上げたことくらい。これまた丈の短くなってきた丸襟シャツの上に着せれば、3着とも捨てずに生き返っていい感じだ!
20201220_201148-1.jpg
最近顔が少年ぽくなってきたと噂の4才半。大きくなってきたねえ。

posted by erica kawashima at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2020年12月18日

秋の叙勲 2020

今年も鐘つきは参加できそうもないので、いつもお世話になってる大昌寺に年末のご挨拶へ
ご住職が先月の文化の日に、秋の叙勲を賜ったとのことで、素敵なお花がいくつも届いていました

お寺の住職とは別に35年以上もされている保護司の活動が評価されての受賞という事だそうです

行かなかったら知らされてはいなかったと思うのでまめに顔だしておくものだなと思いました。他に館ひろしさん等も受賞されたそうな。

posted by erica kawashima at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice