2020年09月03日

北海道旅 うまいもの 番外編

北海道、夏、といえば  とうもろこしだー!
小さな頃、母がよく茹でてくれたのは甘くて美味しかった かじりつかずに一粒一粒指でもいだり、食べかすがほとんどないくらい芯だけ残してきれいに食べるのが私。これ外国では驚かれるらしい イギリスで友人の娘さん達の運動会のお昼に頂いた時、その食べ方日本人だね~と言われた 
移住してくるずっと前、観光で来た大通公園で、焼きとうもろこしを見て、これは食べなくちゃ!と思った記憶はあるけど味が思い出せない 食べなかったのだったか。。引っ越してきてからはコーンなんてGMOに決まってるから食べるなと夫に言われ、はーこっちのは違うよー!と言いつつもあんまり食べる機会もなかった
しかし、母のゆでたとうもろこしの甘さが忘れられず、スーパーで茹でとうもろこし等、買ってみるもこれがちっとも甘くない。。
8月に日高のキッチン付きの宿に泊まった時、朝一番チェックインの10時までに私がしたことは、朝食の後、地元の産直所まで小雨の中、傘をさして朝撮りとうきび求めて買いに行き、ぐらぐらと鍋で茹で、ラップで包んだ。夜まで食べるチャンスが無かったけど、夕飯なしの宿だったので、メインディッシュとなった 果たしてこれが甘かった~!うまかった~。

これだよ これ 私が食べてきたとうもろこしの味は!
翌日は足寄の道路沿いにある産直所で茹でとうもろこしを買って阿寒湖のほとりで食べたがまたも甘い。
次は北大の農産物直売で2本手に入れる レンジで茹でても美味しいときいて皮つきのままラップも不要で5分位加熱。これがまたうまかった~ 

断言する。北海道はとうもろこしがうまい!でも本州で育った私は本州も美味しかったので違いはないと思うし、夏以外は本州のとうもろこしも売ってる それが新鮮かといえば疑問
美味しいとうもろこしを食べるのはとれたてをすぐに調理しないといけないそうで、それを選ぶ目とセンスが要るかなと思う さっと調理できる環境も

最近は業務スーパーで買った80円のとうもろこしを家で茹でて食べたが手間の割に甘くなかったのだ。。黄色が鮮やかできれいでゆでたての美味しさはあったけど。産直所で見つけたのをちょっと高くても買うべきだったと激しく後悔。。郊外の観光者向けの産直所はすました値段設定してたりしてて安易に買えないわ。と感じるけどやっぱりそういうのは美味しいかなーと思ってきてる 

まだまだうまいもの探しの修行は続く
20200806_093908-1.jpg
posted by erica kawashima at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice