2020年01月31日

タピオカとストロー

20200102_160923.jpg
台湾といえば~タピオカ~。ごたぶんにもれずうちらも食後にぶらぶらしながらよさそうなとこで買ってみた  ガイトブックとかのおすすめのお店に行くっていうのが家族ができると不可能に近いレベルでできない。今ここですぐ食べたい欲求を満たしたい子犬たちに美味しい店あるから20分歩いて行ってみようね。混んでるかもしれないけど。と言っても無理なわけで。しかしふらっと買ったこのタピオカ入りドリンクがめっちゃ美味しかった!イエーイ! もう一杯買ってくるという夫にストローは要らないって言ってね!とあくまでエコぶりたい私であった。こんな分厚い良いストローもったいないけど年に一度あるかないかの本場台湾でタピオカ飲む時くらいは使いたい。かくして2杯目は1杯目のストローを再利用して消費を最小限に留めたのであった。
20200102_160349.jpg
posted by erica kawashima at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2020年01月26日

つらら

やっと雪少し積もってきたけどスニーカーで歩けるほど今年は雪少ない
よって散歩も軽快。つららで遊ぶ男子たち。
20200126_225815.jpg
今週はのんびり食材買い出しに行ったりリラックスした週末だった~
20200126_143359-1-e431f.jpg
posted by erica kawashima at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2020年01月25日

エコとウソ

20200118_095324.jpg
こんな小さなブログでも、読まれた方誰かに影響を与える事もあるかもしれないので、言いたい事だけ書いていいわけではない。スポンサーなどがいるわけでないので、比較的自由ではあるけど、発言に、それなりの一定の責任感を感じる
最近エコへの思いを綴る事が続いたけれど、100パーセント自信を持っているかというと、むしろやればやるほど矛盾してくる。これって単純に本当にエコか?と思いながら自問自答しつつやっている。
あえて環境問題、温暖化について逆の見解を学びたい、知っておきたいと思って一気に三冊ななめ読みしました。

うーん。めっちゃ勉強になりました。

グレタさんに読んでもらってひとつひとつ見解を聞かせてもらいたい。イタリア、日本、アメリカ人の全く違う3人が書いたものだけど大筋で内容は近かった。

温暖化はco2排出が原因じゃないとか 専門家は知っててお金儲けになるから同意してるふりしてるとか トランプはオバマよりずっと正しいとか。。 この問題の複雑さには気づいててそれを解明するのは私にはできないなあと直感的に感じる でもzero wasteを心がけたりするのはできるし、そうしたいから私はやってる

posted by erica kawashima at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2020年01月08日

旅と食事

IMG_20191230_141821-1.jpg
昨年は家族で旅行する機会が多くて楽しかった〜 
散財してしまったけど、12月になると何かを察したように、子どもは毎日のように
Lets go airport, mama! ってねだられて予定してなかったら、かわすの大変だったかな〜と思う

さて、旅行する際に多少高くても必ずホテルの朝食をつけるのが我が家流です
ランチ用に少しタッパーに入れておくのも。これはうちだけですか?
子どもの胃袋って小さくて、小一時間後には FOOOOOD!って叫びだします
それで、またコンビニのようなものを探して買って与えてたら、何も進まないので
朝食の時にスナックを取り分けておいて与えると全てが円満◎
ほとんどゴミもでないし。
しかし、ゴミを出さずに食事するのが難しい時代です
新千歳空港で食事することになり、フードコートへ 
フレッシュネスバーガーで油断してたら子どものリンゴジュースは
使い捨てのプラスチックカップと蓋にストローささってきた。せめて紙コップにしてくれ〜
主人の頼んだマンゴーラッシーも同様。しかももう1杯買ってきてと頼まれた。
お金の問題じゃない マンゴーラッシーは私も飲みたい 
でもこのプラスチックを消費したくないだけなの! 
お店に頼み込んで、ビールジョッキならあるということでマンゴーラッシーをそれに注いでもらった
◎とても美味しかった〜◎

ひとりZEROWASTE運動は、台湾でも大奮闘で、ホテルでのんびり食べたいので、
豆花やおかずをテイクアウト用にタッパーに入れてもらったり。
魚のつみれスープはそのタッパーじゃ小さいよ〜 と言われ、紙の持ち帰り容器に入れてもらう事にしたが
蓋も、お箸もスプーンも袋を拒否し、なんとか最小限に努めたり。

ある日の晩ごはん
20200110_230707.jpg
スプーンもお箸も持参したもの。家族でやってるような名もないような店の料理こそが美味しくて、
注文するだけでもおぼつかないところ、何とか色々言って、一品だけはタッパーに入れてもらえた
このご飯気づいたら、ほとんど子どもに食べられてた!

そんな反面、主人は台湾のセブンイレブンはレベル高いという事で
結構プラスチック容器にはいった食事を堪能していた
足して2で割るべきか 相反する2人。。。

お箸、スプーン、ナイフもどきは常に携帯してるので、それはもうあちこちで活躍しました
ところが、うちの子はラーメン屋とかにある割り箸いっぱいはいってる壺を目の前にすると絶対遊びたい人。
割り箸3、4本とっては遊ぶし割るし、つまようじもひっくり返して遊ぶ
1本も消費すまいとしてマイ箸持ち歩いてる母の目の前で無駄に消費するなよ〜
でも、オーダーしたものが遅い事も多く、遊んでると静かなのでねえ〜
これも足して2で割るべきなのか。。。

ひとりZEROWASTE運動は続く
IMG_20191230_192946.jpg
子どもが握ってる黄色のスプーンはキウイについてたスプーン 片方ナイフのようになってて意外とリンゴとか切れた LCCでの預け荷物無しの旅だと刃物持って来れないけど、これのおかげでなんとかなった 朝食のときのナイフで切ったりと重宝
旅先でもフルーツはいつも食べたいので
20200101_203707.jpg
見たことないのはTaiwan Wax Apple。八百屋のおじさんが英語が話せたので、色々疑問に思ってる事を聞けて、ためしに買ってみた 水分たっぷりのりんご?みたいなので、そんなに甘くない 赤い洋梨が交ざってるけど、どれかわかりますか ソーセージは味つけがちょっと甘い台湾風で、パッケージもムードがあった



posted by erica kawashima at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2020年01月03日

旅と飲料水

国際線の飛行機に乗るときは、液体の持ち込みが制限されてるので
水だけはセキュリティゲート抜けた後、買う事になる。
ZERO WASTEを心がけてる身としてはペットボトル1本消費するのが心苦しい。
それ以外は飛行時間も短いのでおにぎりとか野菜スティックとかゴミが少ない軽食を
用意しておけばすっきり過ごせる。

昨年の新年連休前の木曜日の新千歳空港が見た事も無いほど混雑していたので準備万端で臨む覚悟でいたら結構空いてて拍子抜けした。しかも国際線ゲートが8月に新しくなったそうでめっちゃ使いやすくなってた 誰かおしえておいてよー。搭乗口近くにウォーターサーバーまであったので水筒あればペットボトル買わんで済んだのに。広くてきれいな授乳室があってそこで80度のお湯はゲットしたけど、冷ましたりなんだりでもたついて、挙げ句に飛行中に水が足りなくなって買う(割高プラス、シンガポールダラーの現金しか使えないなどでひと悶着。。)という失態。ミニボトル2本消費という敗北を喫した。さっさと500mlのペットボトル探して買うのが一番スマートだったかなあ。反省。子どもは水だと飲まないのでオレンジジュースとか買うしかなくてこれも必要悪かなあ。

飲料水問題は台湾の空港ついたら即解決した あちこちにウォーターサーバーがあってもうウォーターサーバー天国!何が天国かと言うと冷水と、熱湯と、ぬるま湯の3種類から選べる。 空のペットボトルとっておいて入れるだけ! 深夜の空港はフードコートが閉まって夕飯食べ損ねるのも大問題だったのだけど地下にセブンイレブン開いてた~ おでんを持ってきたタッパーに入れて、あとは焼き芋買っただけなので、ごみ消費量かなり少ない。主人はプラスティック容器のお弁当など買ってたけど、ビニール袋は持参しておいたので消費させなかった というか台湾のセブンは袋も有料で結構高い お弁当の味のレベルはすごく高いらしい。

続く

20200109_222946.jpg
空港のあちこちにあるウォーターサーバー
コップも薄い紙製のものがエコ意識高いものかつ台湾らしいものがついていた 
用の美 とハイテクのコラボレーションとさえ言えるレベル


posted by erica kawashima at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

旅とエコについて考える

大分前に書いてブログ更新できずにいましたが、お正月は台北で過ごしました
昨年も正月はじめの連休で来たものの、短かったので慌ただしさが心残りでした 今年は9連休だし前もって航空券押さえてのんびりしてきました

昨年はグレタさんが飛行機はCO2排出するので乗らないという事で、ヨットで旅する姿に胸打たれました イギリスのウェブサイト見ていてもセレブがまた自家用機で移動してどんだけ地球に負荷をかけてる!みたいな記事があったりと飛行機利用について再考を促すような機運が高まっているように感じました チンパンジー研究で有名なジェーングードルさんは環境問題について啓蒙する講演活動のため1年のほとんどを世界中を旅して過ごしてるというのをユーチューブで見たのは5年以上も前のこと。飛行機移動が続いてタフだぜみたいな映像だったけどそんなにCO2排出に加担する旅して環境活動ってどうなんだ?と当時うちに来ていたアシスタントの子と話した覚えがある。一方でまだ数年前の世間的にはその映像の通り、飛行機批判には至って無かったように思う 時は流れた

飛行機を使うのはものすごいエネルギー消費量というのを自覚した上でともあれ旅に出る決意をしたからには、ぜひ直行便を選ばれたし。乗り継ぎ便と比較するとずっとエコなんだそうだ。私はフライトを選ぶ時は多少高くても自分が楽なので直行便か乗り継ぎが少ないものを選ぶようにしてたので、自分の方針がエコだったというのは嬉しい  旅しない 徒歩や自転車が一番エコだろうしエネルギー消費量の自覚はしてますのでこれ以上の自己批判は避ける

さて水について
ホテルアメニティやタオル 新聞については次回!

20200103_123821.jpg
台湾国立博物館にてオーストラリア先住民の描いたネズミを背景に
偶然オーストラリア土産でいただいたアボリジニのTシャツを着てた少年
posted by erica kawashima at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice