2019年05月25日

Day8 阿寒湖

阿寒湖は計画段階で泊まりたくても宿が高すぎて手が出なかった。どおりで車停める隙もないほどホテルが並んでて観光地~。といったところ。観光案内所でひと休み。もう少しゆっくり見るべきところだったけどそうすると最終目的地の屈斜路湖までたどり着けない。あ~、10日じゃ全然足りない。3週間くらい休暇があればいいのに。
20190502_144032-1.jpg
湖畔
20190525_073533.jpg
この日の移動ではキツネや鹿などが見られた。後で知るけど今ごろのキツネは夏毛といって抜け落ちる時期らしくやつれたように見えるけどこんなものらしい。
20190502_125110-1.jpg
おっぱい山

旅はまだ続く


posted by erica kawashima at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

Day 7 足寄化石博物館

穂別に続いてここでも化石鑑賞。建物が洒落てる。新しいのかなと聞くと20年は建ってるとか。足寄は色々子どもの遊び場多いので次は2泊だな。と思いつ次の目的地が遠いので後にする。
20190525_071542-3d5f4.jpg
20190525_071327.jpg
posted by erica kawashima at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年05月24日

Let me sail!

Day 6で止まったままの我がブログ。5月中にDay 10にたどり着けるのか。不安がよぎる。
さておき、先週末は快晴で昨年も行った中島公園のボートへ。ベビーカーにグミを入れた巾着かけておいたらカラスにきっちりグミだけ盗られてた~のを除いては美しい日でした。昨年は、私につかまってただけだったうちの子が今年は漕がせて!と元気に成長していました。

20190519_121844.jpg
2019年5月
2018年8月は以下からどうぞ


posted by erica kawashima at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年05月17日

Day 6 ネイパル足寄

熟慮の上、3泊目は、道立青少年自然の家 ネイパル足寄に泊まる事にした 混んでるかなと思いきや200名泊まれる施設に4~5組しか利用してないようで着いてすぐの男湯は一番風呂貸しきり状態だったらしい。日本の大浴場ほぼ初体験のうちの主人は 何これプール? って本気で言って子どもと楽しんでた。夕飯は利用者が他にいないので作れないというまさかの前日連絡があったので適当に部屋で済ませ、体育館でボール遊びなど。自由に使える体育館やピアノがあって夕飯後も体動かす遊びができるってのが子どもにはとても嬉しい。私の地元、調布市民にもこういう施設があったけど、こんな遊具やキャンプ場やら充実してなかった気がする。長い冬も室内で楽しめるよう、短い夏は満喫できるよう発達したのかなと思う。
翌朝はキツツキが視界に入る近距離でカタカタやりはじめるのが見えたり、(クマゲラのドラミングというそう)自然の中で目覚めるのはいいわ~。
昔フランスの田舎の修道院に泊まった時のような雰囲気で全体的に非常に好印象だった。ただLa Tourettでの食事は素晴らしい手作りフレンチでチーズや赤ワインまで出てきたのに対し、こちらの朝食はほとんど業務用食材のようでした。。夕飯希望者いなかったわけだ。宿泊費だけで家族3人2440円でした さすが道立~!
20190518_085229.jpg
posted by erica kawashima at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice

2019年05月16日

Day 5 足寄へ

帯広経由で足寄へ。この距離が遠すぎたかなと思ったけど、どこまでも続く農場。畑。牛。ラジオの電波も届かないような中、家族3人のんびりドライブできるのも悪くない。日本の酪農はこの辺りが支えてるんだろうなってのはよくわかる。帯広では北海道ホテルでルバーブアイス食べたり。こういう大きなホテルは泊まらずとも駐車場やロビーが広いのでひと休みするのにちょうどよい。いまひとつ道の駅の活用方法がわからないまま、なんとか初めての道の駅ピアしほろ21に到着。ここではスピッツの優しいあの子がエンドレスで流れてた。十勝が舞台の広瀬すずちゃんの連ドラなつぞらのテーマ曲なんだろうなっていうのはメディアに疎い私でも一発で察しがついた。このひとときの滞在のおかげで、もう、すっかり歌えそうなほど覚えてしまった。フライドポテトや鹿肉のホットドック(野生の鹿は旅行中何度か目にした)かじって優しい歌に包まれてほんわり楽しかった。やっとこそ5時過ぎに2つ目の宿ネイパル足寄に到着。
posted by erica kawashima at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Notice